栽培方法から選ぶ
◎ 無肥料自然栽培米
◎ 生体エネルギー米
◎ ピロール農法米
◎ 特別栽培米
お米の種類から選ぶ
◎ 白米
◎ 玄米
◎ 胚芽米
◎ お米の加工品
商品検索

お客様の声 よくある質問 農園便り

ホーム > 田伝むしが大切にしていること

  • 田伝むしについて
  • 田伝むしが大切にしていること
  • 栽培方法について
  • ササニシキについて

田伝むしが大切にしていること

その1 農薬不使用 その1 農薬不使用
田伝むしの栽培方法は自然な流れで農薬や化学肥料を使わないもの、自然の摂理に則って稲とその環境の力を引き出す方法、お米を食べた人が元気に健康的なることを意識したものになっています。農薬と化学肥料を使わない栽培法に関しては、田伝むしの前身である木村農園の頃も合わせると28年間継続しています。

農薬を使わないので除草(草取り)が一番過酷な作業となります。一日中田んぼの中にいて草取りをする日もあり、肉体的にも精神的にも大変な一方で、やり遂げた達成感、お米ができる喜び、収穫の秋を迎えたときの嬉しさ、そういったものを感じて仕事が出来ることは幸せなことです。
その2 ササニシキだけ その2 ササニシキだけ 田伝むしが栽培しているお米は「ササニシキ」という品種だけ。農園がある宮城県石巻市のササニシキ生産量は日本一を誇ります。しかし、冷害が続いた昭和50年代後半以降、さらに平成に入って冷害や台風の被害により生産者が激減してしまい、今は市場にもあまり出回らない希少な品種となってしまいました。

ササニシキは、暑さや寒さ、そして病気に弱く手間のかかる品種と言われますが、肥料を多く必要としないという長所もあるお米です。あっさりした食感と程よい甘さ、主食でありながらおかずを引き立たせる存在、胃腸や体にやさしいなどの理由から「ササニシキなら胃もたれせず美味しく食べられる」と言うお客様もおり、続けていく意味があると思っております。
新規会員登録(無料) マイページ
お電話でもご注文できます!
FAXでのご注文はこちら FAXボタン
お買い物ガイド
◎ ご注文方法
◎ お支払い方法について
◎ 送料について
◎ 返品について

会社概要
◎ 会社概要
◎ お問い合わせ
◎ プライバシーポリシー
◎ 特定商取引に基づく表記

フェイスブックページ